OPEN HOUSE

同じ空間で同じ時間を過ごしつつ、
どこか居心地の良い平屋

モデルハウス見学会

間取りプラン相談会

イベント内容

あなたと家族の「こんな家がいいな!」をカタチにします。
このイベントは、ぼんやりと描いている住まいへの夢を、より具体的にするための「無料!間取り相談会」です。
住宅展示場や完成見学会へ行ったり…いろんな会社のイベントに参加したり…
たくさん見すぎてちょっと疲れてきたな…と感じている方も
あこがれの住まいイメージが明確になれば、楽しく家づくりが進んでいくはずです!!

Concept

家族のあいだに壁はいらない

間仕切りのない大きな1LDKのような住まいが完成しました。
一日の疲れをいやす寝室は、個々に設けてありながら、家族のつながりをいつも感じられる様々な工夫がされた高性能な平屋をぜひ、体感してください。

建道の『設計のひとコマ』

洗面のありかたを考える

建道の『設計のひとコマ』

“洗面脱衣室は要らない”これが私たちの考えです。
もちろん脱衣室は必要です。しかし、洗面を使う場面を想像してみてください。
帰宅後に手を洗う・朝、顔を洗い歯磨きをする・何かの作業後に手や顔を洗う・出かける前に身だしなみを整えるなど、家族みんなが様々な時間と場面で使いたい場所のはず。
これを誰か一人が独占する脱衣室といっしょでは不便すぎると考えているからです。
ですから、脱衣室からも、トイレからも、LDKからも、いつでも誰もが使えるようにオープンな空間に洗面台を配置しました。
また、2台並べて配置したのでみんなが忙しい朝も安心です。

キッチン(台所)の場所を考える

キッチン(台所)の場所を考える キッチン(台所)の場所を考える

ママの家事負担を減らす為の重要なファクターに、「キッチンとその周りの家事導線」というのがあるのは当たり前の話ですが、果たして本当にそれだけでいいのでしょうか?
例えば朝、家族を起こすのにキッチンと子供部屋を行ったり来たりで大変… なんて経験ありませんか?
洗濯物や朝食の支度、お弁当の用意など、朝の限られた時間でママはいつも大忙し。
そんなことになるべくならないようにしたいものです。
そんな想いから、キッチンが家の中心にある間取りで設計、配置しました。
キッチンの南側には子供たちが寝るスペースを配置し、キッチンの右側には寝室を配置。そして左側は開放的なリビングを配置しました。これなら誰がどこにいても、ママの掛け声ひとつで意思伝達ができそうです。
キッチンが主婦の城ではなく、屋根の下の空間全体をママの城にしちゃえばいい。
私たちは「ママ楽スタイル」をご提案致します。

リビングのありかたを考える

リビングのありかたを考える リビングのありかたを考える

家族にとってリビングとは、みんなとの時間を楽しむ(共有する)場所です。そういった考えのもと、家全体がリビングになるように設計しました(^^)
全体は少し大げさですが…子供部屋はなく、子供たちがそれぞれ寝るスペースだけを設けました。
空間を区切る“壁”は排除し、それぞれの場所をブラインドで簡易的に区切る程度です。
また、お子さんがいるご家庭の方は想像できるかもしれませんが、リビングにランドセルや教科書、おもちゃなどを散らかしたりして、どうしても雑多になりがちです。そんな「有りがちな」リビングにならないよう、あえて勉強スペースをリビングに設けました。この勉強スペースも壁ではなく段差で空間を区切り、かつ、雑多な印象になる、教科書や筆箱、ランドセルなどは、リビングから見せない工夫も!

その他にも、シンプルながら様々な設計の見どころがありますのでご興味のある方は、見学会にぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

建道の『設計のひとコマ』 建道の『設計のひとコマ』 建道の『設計のひとコマ』 建道の『設計のひとコマ』
今回の建物の
主な性能値と建築概要
外皮平均熱貫流率:UA値0.28
相当隙間面積:C値0.33(気密測定全棟実施)
耐震等級:等級3相当 ( 構造計算全棟実施)
建築面積:166.62㎡(約50.3坪 )※ガレージ含む
階数:1階建て(平屋)

Access

アクセスマップ
アクセスマップ周辺案内図

壬生町至宝1丁目
東武宇都宮線 国谷駅付近

カーナビ住所
栃木県下都賀郡壬生町至宝1-10-22
場所がわからない場合はすぐにお電話ください。
0285-21-5288(スズキ)

Reservation 来場予約

※は必須入力です

お名前 *
E-MAIL *
電話番号 *
来場ご希望のお日にちなどを
お知らせください *

(C) KEN-DO. All Rights Reserved.

Page Top