高性能平屋住宅|高断熱高気密の体感イメージをふとんに例えると | 栃木の新築平屋・注文住宅は建道
ブログ

ブログ Blog

高性能平屋住宅|高断熱高気密の体感イメージをふとんに例えると

「高断熱高気密の家」って??

こんにちは。建道の鈴木 雅です。
「うちは高断熱高気密の家を建てています」
このような話をよく耳にすると思います。

しかし、どんなに説明をたくさん聞いたとしても
実際にどのような家なのかは、住んで体感してみないとわからないものです。

私は、実家の寒い家と高断熱高気密の家の両方を体感しています。
皆様になんとなくでも伝われば幸いです。

さて、勝手な私のイメージですが
毎日使う寝具に例えたら、わかりやすいかなと思いまして

「高断熱高気密」

「高級羽毛ふとん」に例えてご説明します。

 

「高断熱の家」を羽毛布団に例えたら??

「断熱性能が高い家」とは、熱が逃げにくい家のことを言います。

建物から熱が逃げにくいことを表す数値はUA値」

数字が小さいほど、断熱性能が高い住まいと評価されます。

たまに「断熱材は何を使っていますか?」と質問をされる方がいます。

高性能で優れた断熱材はたくさんあります。
なんの断熱材を使っているか、その部分だけを気にされる方もいます。

各社断熱に関して相当勉強していますので
施工会社や建築士の意向でどの断熱材を使用するのかは、それぞれの考えで変わってきます。

高性能な断熱材を使えばどんな家でも「高断熱の家」になるとは限らないのです。

それは、どうしてでしょうか。
断熱材の性能と並びにその施工性も重要です。
「高性能な断熱材」を「高級羽毛ふとん」におき替えて説明してみます。

さて、最上級の高級羽毛を使用した掛け布団といえば・・・

HPで検索すると、ホワイトグースの羽毛(綿あめのような羽毛)が詰められたものが
「高級品」と言われています。

しかし、中に詰められた羽毛がムラだらけで端に片寄っていたりしたら
せっかく最上級の羽毛を使っていても台無しですね。

心地よくもないでしょうし、温かさも半減かそれ以下になるでしょう。
素材の効果を発揮させるには、ムラなく均一に詰められている仕立ての良さが重要です。

 

断熱材の施工性が重要

どんなに高性能な断熱材を使用しても、きちんと施工されていなければ効果が発揮できない
ということになります。信頼のおける会社での的確な施工が重要です。

中にはどんな断熱材がいいか悪いかなど、
断熱材の種類を勉強し気にする方もいらっしゃいますが、施工性が悪ければ最良の断熱効果が期待できません。

高級羽毛布団は、それなりにお値段も張ります。
同じように高性能な家は、安くはありません。

納得できる高価な買い物

皆さん、掛け布団を買うときは「軽さと保温性が高さ」の対価を求めて購入するのではないでしょうか。
「高かったけど、思い切って買ってよかった。薄着でもポカポカ。おかげで快適に眠れるようになった!」
これなら高い買い物でも納得できますね。

断熱性能が高い家は、外気の影響を受けにくく体感温度もアップします。
冬は部屋のあったかい空気を保ち、夏は猛烈な日射熱を遮り冷えた部屋の温度を維持します。
まるで保温性、保冷性が高い水筒のようですね。

断熱性の良い家に住んで、冷えを感じなくなったので体が楽になった。
建物にはお金がかかったけど、こんなあったかい家に一生住めるのだから、それなりの価格は納得できる!」

 

実際に自宅では、エアコンの設定温度が、室温とほぼ一緒になっています。
つまり、エアコンの効きが良いということです。
我が家は暑がり家族ですが、夏場のエアコン温度は26.5℃から27℃の設定で快適です。
ちなみに超汗っかきの高校生の息子は、クーラー温度25℃が希望のようです。

 

「高気密の家」を羽毛布団に例えたら??

ここからは、気密についての話になります。
「気密性が高い家」とは、スキマがほぼない家のことを言います。

家が隙間だらけだと、風が吹いたらすきま風が入ります。
もちろん、ほこりや花粉、虫もどっから入るのか不思議なくらい、入ってきます。
エアコンも効率よく効きません。

風が強い日、ぜんぶ窓を閉めていたのに、なんだか家の中がホコリっぽい!という経験ありませんか?

 

「スキマだらけの家」と「高気密の家」のちがい

ふとんで例えるなら。
詰め物は最高級羽毛を使っているのに、側生地(羽毛を包む外側の生地)の隙が多く粗悪な素材。
そんな布団だったらどうなるでしょう。

ホコリや髪の毛などのゴミはもちろん、ダニも羽毛の中に入り込んできます。

高級品といわれる掛布団は、上質でしなやかな目のしっかり詰まった生地で包まれています。生地が緻密に織られているので、ダニや塵も羽毛の中に入るスキマがないのです。

それと同じように

気密が高い家はスキマがないので、花粉やほこり、虫が入りにくいメリットがあります。

気密性が悪い家はスキマだらけなのでほこりや花粉、PM2.5、害虫などが入り込みやすいです。

「気密性の高い家」では、エアコンをつけたら、ほぼ設定温度を保ってくれます。

高気密住宅の換気は、窓を開け閉めする自然換気を行わなくても
24時間熱交換換気システムによって計画的に常に新鮮な空気と汚れた空気が入れ替わっています。

ダクト入口には高性能フィルターがありますので
ほこり・花粉・PM2.5などの汚れた外気をシャットアウトしてから、新しい空気が室内に入ります。

隙間を調べるには、気密測定をおこないます。
結果は「C値」という単位で表します。

高断熱高気密をアピールしている建築会社や工務店であれば、全棟で気密測定を実施しているでしょう。
しかし、ハウスメーカーによっては一棟一棟すべての家の気密測定は、ほとんど実施していないようです。
このへんも工務店や住宅メーカーの担当者に、詳しく聞いてみることをおすすめします。

数字は、小さければ小さいほど「スキマがすくない」という値になります。

C値は、0.5以下が望ましいです。
C値0.5以下なら、0.4でも0.2でも住んでいる人に違いがわからないレベルだといわれています。

気密測定業者さんの話によると
例えば、C値0.3の家とC値0.2の家を比較した場合。
測定値0.1の差は何が原因か?を追求するのは非常に難しいとのこと。

どちらにしても高気密な住宅であることは、まちがいないです。

計画が進んでくると、間取りに悩む時期にはいります。
どっちか選ばなければならないこともあります。

 

C値を優先するか?使い勝手を優先するか?悩む

例えば

〇引き違い戸のほうが使い勝手がいいけど、C値を良くするため開き戸メインにする?
〇勝手口をつくりたい気もするけど、気密性を良くするため勝手口ドアはあきらめる?

勝手口って、だれの実家にも必ずあるイメージ、ありませんか?
そもそも勝手口って本当に必要なのか?から検討を始めてみましょう。

確かにゴミ出しで裏庭にちょいと出るときは便利です。
でも、うっかり鍵のかけ忘れも多いので注意しましょう。

出入口が多いと生活には便利ですが、すき間が多くなります。
出入口が多いと外から治安上のリスクも出てきます。

〇玄関収納は広くしてほしい。でも土間空間が大きいと気密に影響するの?

土間部分が多くなれば、気密性に影響が出ると言われています。
しかし、生活が不便になってしまってはあなたらしい暮らしがなくなってしまいます。

 

プランも大詰めになってくると様々な場面で悩みが生じてきます。
プランニングも省エネ計算も構造計算もやってくれる建築会社を見つけましょう。

効率の良い換気

ちなみに自宅は、C値0.33と出ています。

踏切の近くで車どおりの多い道路に面していますが、気密や断熱性能が高いおかげで、車や電車の音はほとんど聞こえません。さらに、熱交換型24時間換気システムが入っていますが、換気フィルターのおかげで花粉も入り込んでこないようで、今年も花粉症は軽く済みました。

24時間きれいな空気に交換してくれるし、ほこりや小さな虫も入ってこない。スキマが少ないっていいです。もちろん、窓はあけてもOKです。
最近は、なかなか窓を開けっ放しでいられる期間も少なくなりました。

【2月中旬~5月】 スギ・ヒノキ花粉ピーク。

【6月~7月】 梅雨時期。多湿。

【7月~9月】 酷暑。ゲリラ豪雨。雷。

【10月~11月】 さわやかな秋。唯一、窓を開放できる月。砂埃に注意。

【12月~2月】 厳寒。からっ風による砂ほこり。

そのほか、仕事をしているご家庭では、窓が閉めっぱなしになる時間が多くなります。
こうしてみると
1年間で思い切り窓を開けられるのはわずかの期間です。
このように、実際には窓は締め切っている時間のほうが長いことが分かります。

だからこそ
断熱・気密・換気について、高レベルの住まいで生活していただきたいのです。

 

まとめ

1.高断熱の家
床・壁・天井では、冬は熱を逃がさない。
夏は熱を入れないための遮熱に効果を発揮する。
だから、エアコンの効きがいい。
室内の温度がほぼ一定。脱衣室やトイレも寒くない。
ヒートショックを防ぐ。

2.高気密の家
汚れた空気やほこり・花粉・虫などが入り込むスキマが極少ない。
暑い外気、冷たい外気が入り込まないため、快適な室温を保持する。

3.高断熱で高気密な家は、
24時間きれいな空気を保つための効率の良い換気ができる。

ここまでお読みくださってありがとうございました。
高断熱と高気密を布団に例えてみましたが、イメージが届いたでしょうか?

いろいろな家に住んで比べるのが一番わかりですが、それはなかなか難しいですね。
ぜひ、気になっている会社のモデルハウスなどに足を運んでみてはいかがでしょうか。
弊社の建物も体感できます。

建道株式会社 一級建築士事務所

トップページ

Page Top