平屋と2階建てならどっちがおススメ?子育てママのリアルな住まい事情 | 栃木の新築平屋・注文住宅は建道
ブログ

ブログ Blog

平屋と2階建てならどっちがおススメ?子育てママのリアルな住まい事情

こんにちは。建道 ハウスアドバイザーの宮田です。

このところ街を歩くと栃木県に限らず「平屋」の新築をよく見かけるようになりました。
平屋のモデルハウスも見かけることが多くなったのではないでしょうか?

近年、子育て世代にも平屋が注目されています!

「平屋」は
部屋数が少なくゆったりと過ごせる。バリアフリーにしやすい。
などのメリットがありシニア世代に求められるイメージが多くありました。
実は、そのようなメリットは小さなお子様にも同じく求められる環境です。
段差のない、目の届くところでお子様の成長を見守っていける家はとっても理想的です。

今回は、子育て世代の家づくりについて考えてみたいと思います。
「子育て世代にも平屋」が人気になっている理由が見えてきます!!

【 平屋の特徴】
・部屋数や収納は2階建てに比べて少ない
・耐震・耐風に優れている
・廊下が少なく、2階がないので部屋の気温差が少なく身体への負担を減らして健康的
開放的で子どもたちが走り回ることもできる
・リビング中心の環境が出来上がり集まりやすい
お友だちを呼んでゆったり自由に使える
・同じ空間を共有しているので自然と家族の触れ合いが生まれる
いつでも「いってらっしゃい」「おかえりなさい」と声を掛けられる
・子どもの様子も見守ることができ、子どもも親が近くにいる安心感がある
・リビングに人が集まることでエアコンをかける場所が限られ 光熱費も抑えられて経済的
などがあげられます。
こちらブログもご覧ください→ 平屋の家 事例の画像と間取りの話

【 子育てのしやすさを考える】
家づくりを考えるベースは何でしょうか?
やっぱり一番長く住んでいた場所を基準に考えるのが多いのではないでしょうか?
実家ですね。
子供のころの生活を思い出しながら「こんな生活をしていたな。」とか、
これまでの生活スタイルが当たり前だと思っている方も少なくないです。
子育てをしてみると実家では○○だったけど△△だったら便利かな??
など、これから生まれてくる赤ちゃんやお子様の成長に重ねながら、これからの話が尽きなくなるのではないでしょうか?
そして、現在のお住まいです。
それぞれ違った環境で育った二人が夫婦として生活がスタートして、新しい家族の生活スタイルができてきます。
実家にはなかった新しい様式が新鮮だったり、アパートでの不自由さも出てきたりします。
お子様が誕生すると子育てと家事の両立になります。二人暮らしから一変することもあります。
そのようなベースを基に生活しやすい子育てしやすい家を考えていきます。

【家族の行動を考える】
近年は共働き家庭も増えてきています。
パパが手伝ってくれても、ママは仕事に家事に育児に大忙し!!部屋の片づけも進まず、炊事に洗濯。
怒りたくなくても毎日イライラしてしまうこともしょっちゅう(;^ω^)
私も緊急事態宣言で休校中は、朝食を作っては片付けてすぐにお昼の準備…と一日中次は何を作ろう?と考えているよう。
帰ってからは課題チェックに付き合い、普段より多めの習い事の送迎にぐったり(;^_^A
当たり前に通う学校生活のありがたみを実感しました。

実は、家を見直すとイライラも減り、ゆとりも生まれるとよく言われています。

1. ママは大忙し
<ママの朝>
出勤するママは自分の準備だけでなく
朝起きてから朝食の準備や洗濯、子どもが小さいうちは登園の準備もあって送り出し
家事をたくさんこなす時間もありません。

ゆっくり朝食をとれないママもいらっしゃいますね。

<ママの夜>
時短のママは16時まで、フルタイムのママは18時までにお迎えに行くの多いです。
いずれにしても退社後は急いでお迎えに行くことになります。
時短でも、子どもたちが大きくなってくると習い事に通うお子様もいて送迎があります。
帰ってから子どもたちが寝るまでご家庭によっては2~3時間の間に夕食・お風呂・宿題の時間を作らなくてはなりません。
できることなら、帰宅してから子どもと色々話したり、遊んだりしたいものですが
夜は疲れ果てて子供と一緒に寝てしまうママも少なくないでしょう。
忙しくても自分の時間があると、ママもストレス発散になります。

2. 大忙しのママが楽をするには家事動線が短い!こと
・掃除がしやすい!
同じ広さの部屋でも配置や間取りによってはササっとお掃除がしやすく時短になります。

・片付けがしやすい!出しやすい!
モノが出ていないと掃除もしやすいし、探す時間も無くなります。
必要な場所に、必要なモノを、必要な分だけ 揃えておくことがポイントです!

・洗濯物がすぐ干せる!しまえる!
重い洗濯物を運ぶのはできるだけ短距離にしたいものです。
楽に取り込めて、片付けやすい収納があると尚いいです。

などなど、ママが楽になるには○○だったらいいな。と
不便なことを見直して、狭いアパート暮らしにはできないことが
ゆったりとしたマイホームでは叶えられます。

さらに、平屋ですと、この家事動線がスマートに完結します。
こちらのブログもご覧ください→ あなたにとっての理想の住まいって?家事や掃除が楽でママが喜ぶ家とは?

3. 子どもを見守りやすくする・子供の居場所をつくる
小さな子どもは予期しない動きも突然することもあるので、家事の間も子どもから目を離せません。
また、小学校に入学してもしばらくは宿題を見てあげたりと忙しい時間でも子どもの傍を行ったり来たりします。
キッチンやリビングから目が届くところに子どもの居場所があると安心ですね。
こちらのブログもご覧ください→ 新築するならキッズスペースが人気!先輩ママからみた子供部屋事情

4. 子供が自分から動く!手伝いたくなる!
忙しいママは猫の手も借りたいときもありますね。
共働きのご家庭ではご主人の家事分担がとってもありがたいです。
また、年少さん年中さんくらいになると、早い子はお手伝いをしたくなってきます。
お子様にも積極的にお手伝いをしてもらいましょう。
初めのうちはイライラしてしまうかもしれませんが
ほんのちょっとほめているだけでもどんどん自信がついてお手伝いもすすみます。
同時にお片付けや段取りも上手になっていきますよ☆
そのためには何と言っても、家事動線が重要になってきます。
お子様でもパパでもお手伝いが楽しくなる動線。
そして、お互いの様子が見えることも作業にも片付けにも差が出てきます。
みんなの様子が見える平屋は家族が協力していくうまく回る秘訣が詰め込まれているのです。

 

【2階建て宮田家の日常と平屋への願望】
1. 物干し場がベランダで苦労・苦心しています
洗濯物は5人分あるので、一日に2~3回洗濯します。
冬は特に重く…天井が高いので階段が長く2階まで運ぶのが大変です(;^_^A
やっと上がって洗濯を干している時や片づけをしている時に
子供たちは1階で宿題や学校や園の準備などしていて
「おかあさ~ん!!」と声をかけられても
「ちょっと待ってて~」と言ってしばらく待たせるのもしょっちゅうです。

2. 就寝後の子どもの様子を見に行くのに慌てます
小さいうちは寝かせた後、1階で片付けやテレビを見ていると
2階で「ガタン」と音がするたびに長い階段をハァハァしながら上がって見に行っていました。
就寝後、子どもが咳込んで泣いていても、すぐに気づかないことが何度もありました。

「2階建て宮田家」にはこのような負担があります。
平屋だと子供をそんなに待たせたり不安にさせたりせず、ちょこちょこ様子を見に行きやすくなりますね。
子供も見えるところにいたら自分から行ったり、様子を見て声を掛けたりするタイミングが取りやすいです。

3. ママも家事ラク一石二鳥!片付けは各自子どもにまかせ褒めて伸ばす!
子どもが片付けをしない、など悩んでいるお母さんは多いと思いますが
小さくても自分でできる喜びがあります。

我が家の子たちは、年少さんになる前くらいから、園の準備やお泊りの準備は自分で行っています。
同居している義祖母は「小さいのに大したものだね!」とか「毎日大変だね~」とひ孫に言います。
ママ友にも、「すごいね!」「忘れ物の心配ない?」とも言われます。
本人たちは、褒められたと思って得意気です。
もちろん、忘れ物もたまにはあります。
しかし、自分でやることを子ども達も私も大変なことではないと思っています。
園では自分で荷物をしまったり、帰りの支度をしたりしているので、お仕度は難しくないはず。
お手紙もキッチン脇にそれぞれ3人分を並べて挟んであり
行事や連絡のあった時は私も荷物チェックをします。毎日はチェックしません。

宮田家で実践中!小さい子でもお片付けできるコツはストーリーをつくること!
・モノのお家を作っておく
・仲間!チーム!を一緒にしておく(例:お仕度コーナー・工作コーナーなど)
・お話を作る
○○君はお家に帰ってくるよね。 お荷物もお家にしまってあげようね♪
お片付け出来たら迷子にならないで安心しておネンネできるね☆
お家に帰る途中でどこかに置いていかれちゃったら○○君だって泣いちゃうよね(´;ω;`)と。
このように片づけを楽しみながら促していくと効果的だと思います。

洗濯したときや洗い物が終わったらママはお仕度コーナーにしまうだけ。
朝は子どもたちが順番通りお荷物を詰めていく。自分で支度ができちゃいます!!

自分で支度をしているので、先生のお話もしっかり聞いてきて忘れ物しないように!!気を付けます。
「明日は図書バック持っていくんだよ!違う本借りられるんだって!」
「雨が降らなければ明日お芋ほりできるんだよ!長靴と汚れてもいい服だって!」
降園の時だけ覚えているのかと思っても、毎回朝起きた時も教えてくれて
私のお手紙やメールチェックよりしっかり響いています(笑)
もちろん、先生の伝え方も上手なんです☆

お仕度コーナーが
2階の子供部屋ではなく、玄関からもキッチンからも近いことが
幼い子でもできる!親も見守れる!こととなっていると思います。
子どもの為にも動線が短いことが簡単に毎日こなせるポイントなのかもしれないですね!

【 将来は「平屋」が住みやすい】
2階の部屋は寝室や子供部屋に多く使われます。
将来お子様たちが巣立った後、2階を使わなくなったお家も多いです。
身体に無理な負担をかけずに有効的に部屋を活用していけるのが「平屋」の魅力です。

【まとめ】
「子育て世代にも平屋」が人気の理由 見えてきたでしょうか?
子育て世代の家づくりで求められることは
・家事にかける時間を短縮する
・家族の様子がうかがえる
このような家づくりではないでしょうか?
子育て中は家事と育児の両立でママはストレスが溜まりがちですが、
「平屋」は自然とお互い協力したくなる環境となり、ストレスか少なくなります。
そして時間にゆとりができるとママも家族も自分のやりたいことの時間が持つことができて、
さらにイライラも少なくなりますね。
ゆとりを持てる時間が増えると子育てしやすくなり仲良し家族が築かれていきます。

こちらのブログもご覧ください→https://www.ken-do.co.jp/advice/hiraya_merit_and_demerit.html

「ママは家族の太陽だよ!!」
私が疲れた顔をしている時があるのか、時々かけてもらう言葉です。
ママが元気だと家族も元気!ママが笑顔だと家族も笑顔!
家族は鏡です。
ママの1日もあっという間!でも、お子様の今の時間も一瞬です。
限られた時間を家族で上手に楽しく活用したいものです。

いかがでしたでしょうか??
建道(けんどう)の家づくりスタイルは、建築士とお客さまが直接打ち合わせをしてつくりあげる「提案型の木造注文住宅」です。
トータル予算とご家族の要望をもとに、一級建築士が「あなたの家づくりの軸」となるイメージプランを作成します。
あなたの家づくりには、どんなステップが必要かもわかります!!
家づくり体験は →こちら

子育て中のスタッフ一同です!
家づくりをご検討中のみなさまにお応えできるようお待ちしております。
ご興味をもっていただけましたら
建道の「平屋」見学相談会へお越しください。
ご予約はこちら

Page Top