ブログ

ブログ Blog

おしゃれすぎて住みづらい家?建築士が教える失敗しない3つのルール

家づくりをはじめたばかりの頃は、おしゃれな見た目のデザインに意識が寄りがち。
おしゃれな家が住みやすいとは限りません。
あなたとあなたの家族が本当に暮らしやすい住まいのために!
一級建築士が正直にズバッとアドバイスします。

1.おしゃれな見た目にこだわるのは後回し

はじめの頃は、
「どんな間取りがいいかな」
「収納はどのくらい必要かな」
「外観はどんな雰囲気がいいかな」
など夢がふくらむもの。

しかし、カタチからではなく「自分たちは、どんな暮らしがしたいか?」
と、最初に考えることが大切です。

2.どうして使いづらい間取りになったのか

それは、おしゃれを優先するがあまり、
家を建てる理由や抱いていた不満を明確にしていなかったからかもしれません。
皆さんが家を建てようと決めたのには、理由やきっかけがあるはず。

例えば、
・子供が生まれて部屋が狭くなった、収納がなくて生活しにくい
・アパートだと子供の泣き声が気になる
・キッチンが狭くて使いづらい、キッチンから子供の様子が見えない
・子供に庭で遊ばせたい、子供と自家菜園をたのしみたい

など、住まいに対する現在の不満や将来の希望をはっきりさせます。

それから、
「夢をかなえるためにはどうしたらいい?」
「今の不満を解決するためにはどうすればいい?」
と、考えてみましょう。

そうすることで、実際の生活を考えた間取りが浮かんでくるはずです。

3.おしゃれにしたい理由をかんがえる

家を建てたら、
「おしゃれな部屋にしたい」
「素敵な住まいにしたい」
と、思う人は多いでしょう。

自分が快適にいられる空間、自分の好きなものにかこまれた空間で暮らすことで
心もリラックスし、家にいる時間が楽しくなります。
お友達に、おしゃれな家っていわれたい!と頑張りすぎて疲れないようにしましょう。

まとめ

1.外観や内装にこだわるのは、家づくりの後半で間に合う。

まずは、家族の生活や健康を考えた間取りや家の性能についてじっくり話し合うこと。

2.自分好みのおしゃれな家にしたいなら、壁や内装の装飾は控えめに。

家のデザインも時代を感じさせる流行りがあります。
数十年後も飽きずに、古臭く感じさせない上質な家を建てよう。

3.おしゃれそうに見えるコツ。部屋の中のテイストを統一させる。

色を3色までに抑える。100円ショップのものや低プライスの家具を置かない。
収納家具を増やさない。
建築時に収納計画を立て、適切な場所に必要な収納量を設置しましょう。
物が増えてくると、さらに収納グッズをプラスしがちです。
まずは、モノを増やさずスッキリとした住まいを目指しましょう。
整理されたキレイなリビングにお花が1輪飾ってあるだけで、おしゃれになるはずです。

Page Top