栃木県小山市の平屋/新築事例 | 栃木の新築平屋・注文住宅は建道
ブログ

お客様の声 Voice

  • 栃木県小山市の平屋/新築事例

裸足で気持ちよく過ごせるナラ材の無垢材フロア

栃木県小山市の平屋/新築事例
栃木県小山市の平屋/新築事例

家族の気配を感じながら過ごせる、お部屋を見渡せる安心の間取り

ポスティングされた1枚のチラシの写真でピンと来ました。とりあえず足を運んだモデルハウスもイメージ通りで、心配な費用面でも安心できました。ビジュアルと機能性を兼ね備えた平屋は一年中快適に過ごせます。

Interview

最初のきっかけは、モデルハウス見学会のチラシでした

住んでいたアパートにポスティングされたチラシで知りました。モデルハウス見学会のイベントチラシだったんですけど、その写真でいい雰囲気だな、と。ホームページを見たらすてきな平屋がたくさん紹介されていて、これはイメージに近いかもしれないと見学会に参加させていただきました。

平屋造りを建道へお願いした決め手は何でしたか?

他の会社は、住宅展示場で豪華なモデルハウスを見てしまうと、実際に建てられた家を見た時に、あれ・・?これなの?って毎回イメージダウンしてたんです。でも、建道さんで建てられた方の完成見学会にお伺いすると、建道さんのモデルハウスの仕上げとほとんど一緒で、大きさも間取りも違うけれど、工夫が凝らされた素敵な平屋でした。むしろこっちの方がいいね、と思う部分もありました。単純に大きいものが小さくなったり、予算に応じてグレードダウンする、ということではなくて、そこにあるべきものが、しつらえられている感じがしました。

平屋造りを建道へお願いした決め手は何でしたか?

ご予算など金額面はいかがでしたか?

大手のハウスメーカーさんや他の工務店さんにも足を運んでいました。いくつか見積もりをしてもらったんですが、あるハウスメーカーさんでは表示されていた価格から随分と高くなってしまいましたね。あれもこれも・・・でどんどん見積もりが高くなることが多いと聞いていたけど本当にそうでした。
建道さんでは、もともと必要なものがほぼ含まれている金額でした。見積もりをもらった後にも、打合せを重ねる中でいろいろお願いすることもありましたが、定期的に追加変更の見積りを作成してくれました。そのことで、金額の増減が把握できたので安心して追加変更工事を依頼できました。増減があったものの結果的に、完成した時点で最初の金額とほとんど変わりはありませんでした。

平屋づくりのご提案、進め方はいかがでしたか?

最初に間取りをご提案いただいて、そこからたくさん要望をお伝えさせていただきました。
一般的なメーカーさんだと、要望を言ったら「はい、わかりましたー」ってやってくれるんだと思うんですけど、建道さんからは「やめた方がいいですよ」、ということもありました。
私たちの要望を受け入れてくれつつ、お勧めしないことはきちんと指摘して、暮らしやすさを考慮した実用的な提案をしてくださいました。それは実際に住んでみて実感してますね。例えば、もっと光が入るように窓を大きくしたいとお願いしたんですけど、方角や日照時間から窓のサイズを設計してくださいました。

気に入ってるポイントはどこですか?

床の木材です。建道さんにも勧められてナラ材にしました。注目される部分ではないですけど常に触れている部分だし、広いエリアを占めるのでお部屋全体の印象が左右されます。
もっと低コストの床材もあって迷いました。他に候補に上がっていったパインは傷がつきやすい、日焼けしやすいというデメリットを聞いて・・・。
ナラ材も年月が経過したらどうなるのか気になったんですけど、建道さんのモデルハウスで使われていたのがナラ材だったそうで、とてもいい感じだったのを思い出しました。木目や節の模様が感じられるナチュラルな感じも、裸足で触れた質感も気に入っています。

気に入ってるポイントはどこですか?

ワンフロアの広い空間ですが、冬場は寒くなかったですか?

エアコンを2箇所に取り付けたんですけど、1台しか動かさなくても快適に過ごすことができました。
前はアパートだったので、本当に寒かったです。実家も同じく平屋なのですが、そことも全然違います。こんなに違うものか!と。部屋のどこにいても快適な温度です。
外の音があまり聞こえてこなくて、本当に静かなんです。屋根に当たる雨の音も聞こえてこないんですよ。これもきちんとした断熱材のおかげなんでしょうね。

ワンフロアの広い空間ですが、冬場は寒くなかったですか?

平屋のメリットはどんなところですか?

上下の登り降りがないからラクですね。子どもたちが小さいので、階段から落ちる心配もなくて安心です。家の中のどこにいても、家族の気配を感じられるのもいいですね。

家族の今と未来を見据えたフレキシブルな間取り

建道のこだわり:家族の今と未来を見据えたフレキシブルな間取り

お子様が小さいうちは、目が離せません。キッチンから部屋全体を見渡せる間取りにしています。仕切らない広々とした空間でのびのびと遊ぶお子様を視界に入れつつ家事をすることができます。
現在、家族の寝室として使っている部屋はそれぞれの子ども部屋として使えるように、仕切って分割することも可能です。小上がりの畳スペースは壁をつけて和室の寝室にしようかと考えています。

生活動線が計算された収納スペース

建道のこだわり:生活動線が計算された収納スペース

リビング後ろの通路は両サイドがすべて収納になっています。廊下のファミリークローゼットは取り込んだ洗濯物も戻しやすく、お出かけ前後の上着などの出し入れにも便利です。
使ったものを戻す流れができるので、整理整頓の習慣が自然と身に付きます。

アクセントとなる小上がりスペース

建道のこだわり:アクセントとなる小上がりスペース

シンプルな平屋はのっぺりとしてしまいがち。ちょっと横になれる畳の小上がりスペースを設けることで、全体のアクセントとなり空間にメリハリができます。
小上がりはお部屋の雰囲気を変えるだけじゃなく、実用的な面もあります。お子様のオムツ替えや、椅子がわりに腰をかけたり、日常生活の中でちょっとした高さが役に立つ瞬間が結構あるんです。

住宅性能の高さ

建道のこだわり:住宅性能の高さ

高性能断熱素材を使用し、超高性能断熱を実現しています。きちんと断熱することによって、屋根からは夏の酷暑を遮断します。床の断熱は冬の底冷えを遮ぎります。
壁、窓も高性能な仕様にすることで、冷暖房効率がアップし省エネにも繋がります。
冷暖房にかかる光熱費が大きく変わるのが実感できます。

建道さんのここがすごい

建道さんのここがすごい

いろいろなアイディアを出してくれるところ。私たち家族に合わせた唯一無二の提案はありがたいですね。要望をその都度柔軟に取り入れてくれるところもよかったです。トレーニングのための懸垂棒を持ち込んだら設置してくれました!
将来を見据えた間取りで、未来がより楽しみになりました!ありがとうございました。

From the contractorFrom the contractor

家族の今と未来に寄り添う平屋ができました

モデルハウス見学からの、実際の家で現実を知る・・・このイメージダウンのお話は他のお客様からもよく伺います。今回、建道での見学ではむしろイメージアップした部分もあるとのこと、嬉しいお言葉です。
これまで設計してきた平屋の良かった点を盛り込んで設計させていただきました。まだお子様が小さいので、ご家族と一緒に成長していけるようなオンリーワンの平屋になったのではないかと思います。

ページトップへ