BELS(ベルス)とは何?高度な省エネ住宅に取り組む工務店で建てたい | 栃木の新築平屋・注文住宅は建道
ブログ

ブログ Blog

BELS(ベルス)とは何?高度な省エネ住宅に取り組む工務店で建てたい

新築を検討中の方には
「BELSって言葉はじめて聞いた」
という方も多いのではないでしょうか?
ここからは
建道お客様サポートの鈴木がご案内します。
↓↓↓

1.BELSの読み方は「ベルス」

建築物省エネルギー性能表示制度
BELSといいます。

省エネ性が高いことを
「見える化」した証明書です。

英名称
Building-Housing Energy-efficiency Labeling System

この頭文字をとって
BELS「ベルス」と読みます。

指定確認検査機関などの第三者機関が
「建築物省エネ法」に基づき
住宅を対象として省エネルギー性能等
に関する評価を行い
BELS評価書を交付するものです。

ちなみに建築物省エネ法とは
建築物のエネルギー消費性能の向上
に関する法律のことです。

2.BELS評価は省エネ性能の証明書

BELS評価を受ければ
自宅が「優れた省エネ性能を持つ住宅」
であるということを証明できます。

見た目でも判断できるよう
★マークで表示されます。
もちろん、星が多いほど良い!!

最高で★★★★★5つ。

弊社で建てたお客様の家は全棟で
星★★★★★ 5つを取得。

弊社のお客様は
省エネ性の高い住まいで
真冬でもエアコン1台
設定温度20~23度で
あったかい生活をしています。

地球に負荷をかけない暮らし
が求められる時代。

地球温暖化の原因の一つといわれる
二酸化炭素の排出量は
全体の約14%が家庭から
排出されています。

出典:全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイトより

一世帯あたりの二酸化炭素排出量は
約3,971kg-CO2

その内訳は、

照明・家電製品などからが約30%
自動車からが約26%
暖房からが約16%
給湯からが約14%

となっているようです。

 

優れた省エネ住宅に住むことは

特に意識しなくても

「地球環境に貢献」していることになります。

 

3.BELS評価書で何がわかるのか?

評価書をみれば
下記の内容が一目でわかります。

□基準に適合しているか

□基準に対してどれだけ性能が優れているか

□エネルギー消費量をどれだけ削減できているのか

施主様にもわかりやすい表示になっており

自分の家は、優れた省エネ住宅である

ということを証明できるのです。

4.BELS評価は何に役立つのか?

例えば・・

地域型住宅グリーン化事業」などの

補助金を受ける建築主は
実績報告の提出資料として必要です。

令和3年度補正予算の

こどもみらい住宅支援事業

を活用する際、
補助金の対象となる住宅の証明書
として利用できます。

関連ブログはこちら

5.「BELS評価書」とはどんなもの?

BELS申請をして審査を受け
評価が完了すると表示プレートが
出来上がります。
(証明書の発行方法は各審査機関で確認ください)

希望すれば、実際にプレートを制作し
飾っておくこともできるようです。

(もちろん、別途費用かかります)

すでに家の引き渡しを経験された方は
確認申請書や図面
認定住宅の申請書など
たくさんの住宅関係の書類や資料が
お手元にあると思います。

分厚い書類ファイルの中から
「BELS評価書」をすぐ出せるお施主様は
かなり少ないのではないでしょうか。

他社で家を建てた方で
「BELS評価書」ってもらったかな?!
と気になったら、一度
担当の方に確認してみましょう。

まとめ

BELS評価書は、基準に対して

★適合していることがわかる

★どれほど優れている住宅かわかる

★エネルギー消費量の削減率わかる

「省エネ性の見える化」された証明書です。

「省エネ住宅」=「燃費の良い建物」

燃費のいい家に住むことは
毎日、快適な生活を送りながら
知らず知らずのうちに
地球環境にも貢献している
ことになるのです。

弊社では、住宅に対する意識を高めるため
定期的に勉強会を開催しています。

実際のデータを基にしたオリジナル資料で
皆様にご説明しています。

ぜひ、建道の家づくり勉強会に参加してみませんか?

ご予約はこちらから

ページトップへ