グリーン住宅ポイント制度とは何ですか?令和3年に使える住宅支援策 | 栃木の新築平屋・注文住宅は建道
ブログ

暮らし改善注文住宅・リフォーム|一級建築士事務所

建道 株式会社

ブログ Blog

グリーン住宅ポイント制度とは何ですか?令和3年に使える住宅支援策

「グリーン住宅ポイント制度」とは?

国の住宅支援策のひとつ。対象となる住宅を建てた場合、ポイントがもらえる制度です。
そのポイントを使い「新たな日常」及び「防災」に対応した追加工事や様々な商品と交換できるというメリットがあります。グリーン住宅ポイント制度創設 12月15日契約分からが対象となります。
「今からでも間に合うかな?」
大丈夫です!2021年10月末までの契約までが対象期間となります。
家を持ちたいという方のための支援策ですから、ぜひ活用しましょう。

補助金などを活用し、賢く家づくりをしたい方は建道株式会社スタッフまでお問い合わせください。

なぜポイントがもらえるの?

新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るため!!
令和2年度3次補正予算で「グリーン住宅ポイント制度」が創設されることになりました。
対象となるのは一定の性能を満たす注文住宅の新築や新築分譲住宅の購入、一定の要件を満たす既存住宅の購入、対象工事を実施するリフォーム及び一定の性能を満たす賃貸住宅の新築。
新築住宅は最大100万ポイント、リフォームは最大60万ポイントです。

令和2年12月15日から令和3年10月31日までに請負契約または売買契約を締結した住宅が対象となります。
すでに終わってしまいましたが、次世代住宅ポイント制度というのがありましたね。
今回のグリーン住宅ポイント制度(認定住宅の場合)では、
35万Pt/戸 → 40万Pt/戸 にアップしています。

省エネ性の高い住宅に限られる!

今回は、住宅を新築する場合の発行ポイントをご案内します。
(※2021年2月現在の情報となります)

1)対象となる住宅(注文住宅の新築、新築分譲住宅の購入)

対象住宅

次の(1)又は(2)のいずれかに該当する住宅
(1) 高い省エネ性能等を有する住宅で次のa)~d)
a)認定長期優良住宅
b)認定低炭素建築物
c)性能向上計画認定住宅
d)ZEH

(2) 断熱等性能等級4かつ一次エネルギー消費量等級4以上の性能を有する住宅

——————————————————————————–
取得できるポイント数

*基本の場合*
(1)に該当する住宅 → 40万ポイント/戸

(2)に該当する住宅 → 30万ポイント/戸

——————————————————————————–

下記の特例に該当する住宅は、ポイント数がアップします。
(以下のいずれかに該当)
・東京圏(条件不利地域を除く)からの移住のための住宅※1
・多子世帯が取得する住宅※2
・三世代同居仕様である住宅※3
・災害リスクが高い区域からの移住のための住宅※4

取得できるポイント数

*特例の場合*
(1)の対象住宅該当+特例に該当する住宅
→ 100万ポイント/戸

(2)の対象住宅に該当+特例に該当する住宅
→60万ポイント/戸

備考
※1)東京圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)に在住し、23区内へ通勤している者の東京圏以外への移住
※2)18歳未満の子3人以上を有する世帯
※3)調理室、浴室、便所又は玄関のうちいずれか2つ以上
※4)土砂法に基づく土砂災害特別警戒区域又は建築基準法に基づく災害危険区域

——————————————————————————–

ポイントは何と交換できるの?


①商品との交換(現在公募選定中)または下記の追加工事でポイントが使用できます。
・ 「新たな日常」に資する商品
・ 省エネ・環境配慮に優れた商品
・ 防災関連商品
・ 健康関連商品
・ 家事負担軽減に資する商品
・ 子育て関連商品
・ 地域振興に資する商品

②新たな日常に資する追加工事
・ ワークスペース設置工事
・ 音環境向上工事
・ 空気環境向上工事
・ 菌・ウイルス拡散防止工事
・ 家事負担軽減に資する工事

③防災に資する追加工事

補助金などを活用し、賢く家づくりをしたい方は建道株式会社スタッフまでお問い合わせください。

グリーン住宅ポイント

まとめ

これから新築を考えているのでしたら、高い省エネ性を証明する認定住宅を取得することをおすすめします。
省エネ性能について意識の高い会社に依頼しましょう。
スケジュールや対象になる住宅かどうか予め確認しましょう。
省エネ住宅の建築についてご相談はこちら

スケジュールについて

令和2年12月15日~令和3年10月31日までに契約を締結した
一定の省エネ住宅の新築やリフォーム、既存住宅の購入がポイント発行の対象となります。

ポイント交換申請期間

準備が整い次第開始 (開始時期について、令和3年2月頃公表予定)
※ ポイント交換申請の締め切りは、ポイント発行申請の締め切りに応じて別途公表します。
(ただし、遅くとも令和4年1月15日までに締め切ります。)

補助金などを活用し、賢く家づくりをしたい方は建道株式会社スタッフまでお問い合わせください。

Page Top