栃木県大田原市の平屋/新築事例 | 栃木の新築平屋・注文住宅は建道
ブログ

お客様の声 Voice

  • 栃木県大田原市の平屋/新築事例

『建道』の写真が芽吹かせた、私たちの理想の家

栃木県大田原市の平屋/新築事例
栃木県大田原市の平屋/新築事例

一日中明るくて、夏は涼しく、冬は暖かく迎えてくれる家

さんさんと光が差し込む居住空間。
無垢材を使用した床と冷暖房効率を考えた間取りは、仕事が終わって帰宅した時も
夏は涼しく、冬は暖かく迎えてくれます。

Interview

雑誌で建道さんの写真を見て「これだ、ここに行ってみよう」と思ったんです

結婚してから軽量鉄骨造の集合住宅に住んでいたのですが、そろそろ家を建てようかという話になり、夫婦で栃木県内の注文住宅雑誌を見ていたんです。
その時、パッと目を引いたのが建道さんの建てた平屋のお家でした。
目に入ったとたん、二人とも「ここがいい、ここのモデルハウスを見てみたい」と思いました。

建道以外の業者はご覧になりましたか?

はい。同じ雑誌に掲載されていたところを少し。
でも建道さんの建てた家の写真に最初から強く惹かれていたこともあり、実際にモデルハウスを見たらもう「ここでいいね」と夫婦で意見が一致した感じです。

新築のご自宅に初めて入られたときの感想を教えてください。

夏場だったので、玄関に入ってまず「涼しい~!」と感動しました。
冬が近づいた今は、帰宅後も暖かくお風呂上りも湯冷めしないことが嬉しいです。
図面ではもちろんどんな家になるのか分かっていましたが、実際に形になって、その中を歩いてみると予想以上!
モデルハウスを見て「いいな」と思った箇所をあちこちに採用してくださっていました。
コンパクトで住みやすい間取りですが、玄関やキッチンから眺めると、広々とした空間を感じます。
仕上がりに満足しましたし、とても気に入りました。

新築のご自宅に初めて入られたときの感想を教えてください。

平屋に決めたのはなぜですか?

最近平屋で家を建てている人が多くてよく見ますし、年齢を重ねるごとに、必ず階段がキツくなってくるだろうと思いました。
結婚し、家を建てるからには生涯の棲家として大切に暮らしたい。
そこで最初から平屋で建てようと話し合っていたので、建道さんの平屋コンセプトがしっくりきて、気に入りました。
住んでみても便利で楽ですし、平屋で良かったと思っています。

平屋に決めたのはなぜですか?

新築するにあたり、どのように間取りや材質を決めましたか?

建道さんとの打ち合わせで、
「今お住まいの集合住宅で困っている点はありませんか」と質問されました。
集合住宅はとにかく寒暖が激しく、あまり快適な環境とは言えませんでした。結露もひどく、クローゼットの中まで水浸しになるほどで困っていました。
建道さんはそういった話をくみ上げ、またモデルハウスを見て気に入った部分を取り込んで、図面にしてくれました。
建道さんでは、内装の標準仕様が天然素材を使用した塗り仕上げの壁になっていることをはじめ、
汚れやすい玄関・トイレの壁などはクロスになっていること、無垢材の床なども説明を受け、納得しました。
今実際に住んでみて、季節の移ろいとともに納得することが増えています。

新築するにあたり、どのように間取りや材質を決めましたか?

造作家具・収納の中で、ご希望でつけたところはありますか?

はい。
テレビ台とその下部分の収納は、キッチンと対面になる壁いっぱいに造ってくださいとお願いしました。
テレビ台はしっかりしたものが欲しかったので、造作を選択しました。
壁いっぱいに造ってもらったことで、台上を自由に使うことができます。
設置場所は、キッチンで作業をしながらテレビを見られる位置に決めました。
テレビ台を頑丈に広く造ってもらったため、テレビの大きさも自由に決められたので、お願いして良かった点です。

造作家具・収納の中で、ご希望でつけたところはありますか?

どうしてもここはこだわりたい、という点はありましたか?

平屋という以外、特にありませんでした。
家づくりの早い段階で建道さんに出会い、ひと目で気に入ったので、モデルハウスで「これいいな」と思ったものを取り入れた家になり、とても満足しています。
住んでみて、夏涼しく冬暖かいとか、どっさり買い物した後の片付けのラクさとか、共働きでも無理なく家事がまわる動線の便利さなどに改めて気付く毎日です。
実はカーテンをタテ型ブラインドタイプにしたり、シュークロークは戸ではなくブラインドで目隠しするなど、建道さんのモデルハウスを見て気に入ったアイデアをそのまま使っています。

建道のこだわり:広々とした玄関とシュークローク

玄関は温度差を生む土間部分ではなく、廊下部分を広く設計。
結果的に玄関スペースが広がり、たっぷり買い物をした時もどんどん玄関に置いて、後から仕分け・片付けられるので便利です。
シュークロークは建道モデルハウス同様、オープンにして目隠しのカーテンをつけることで、収納力も高く、湿気や臭いがこもりにくい構造になりました。
玄関とダイニングを仕切るドアには、障子を思わせる格子を取り付けており、ダイニングキッチンから光が玄関に入ります。
玄関が暗くならず、ドアを開けるとダイニングからキッチンまでが広々見通せます。

建道のこだわり:キッチンに立ちながら家族の顔やテレビが見える

ご夫妻ともフルタイムで働いているS様のお宅では、どちらかというとご主人がキッチンに立つことが多いとか。
その時、リビングにいる奥様の様子や、テレビが見えるとお料理がより楽しくなるそうです。
そこでキッチンに立ちながらリビングの様子がよく分かる、オープンなアイランドキッチンを採用しました。
ダイニングスペースはキッチンの横に連なっているので、お料理を並べたり、お皿を片付けたりといった作業も楽々です。

建道のこだわり:ロボット掃除機で完結する、掃除のしやすさを考えた間取り

日中はご夫妻ともお仕事に出かけるS邸。
普段の床掃除は、ロボット掃除機に任せています。
段差や余計な仕切りのない平屋なら、床に物を置かないだけで、ロボット掃除機が隅々まで大活躍!
ダイニングやパントリーともつながっている洗面台の下も、収納スペースが床から浮き、パイプも細く目障りではない状態になっています。
だからつい掃除を忘れがちな洗面台下も、いつもピカピカ!
パントリーや陰になっている収納スペースも、床掃除は完璧です。

建道のこだわり:朝、限られた範囲で支度が済む動線

慌ただしい朝は、洗面台やキッチンで渋滞が起こりがちです。
でも寝室からトイレ・洗面台・キッチン・ダイニングがお家の一方にまとまっているので、最短距離の移動で、身支度から朝食まですべてを済ませることができます。
無駄のない考えつくされた動線と配置だから、忙しい朝にも余裕が生まれます。

建道のこだわり:帰宅後、無駄なく夕食の準備ができる動線

帰宅後は玄関わきにある寝室にバッグを置き、そのまま隣の洗面台で手を洗ってうがいができます。
洗面所から出てくれば、そこはもうダイニングキッチン!
素早く調理にとりかかることができます。
疲れて帰る帰宅後も、無駄のない動線で家事がスムーズにすすみます。
もちろんキッチンに立ちながら、気になるテレビ番組もチェック!

建道のこだわり:休日は小上がりの畳コーナーでゆっくりゴロゴロ

リビングの隣には、広々とした小上がりの畳コーナーが!
ソファ代わりに座ったり、そのままゴロリと横になってお昼寝を楽しんだり、温泉旅館のようにくつろげる和の空間には、癒しの時間が流れます。

建道のこだわり:ダイニングと壁をはさんだワークスペース

ダイニングとワークスペースの間仕切壁。
塗りの仕上げも美しい壁は、天井部分が柱のみになっていて、オープンなイメージです。
実はこの裏側にはワークスペースが造られており、電源もたっぷり備えられているのです。
ここでお仕事や読書をしても良いですし、将来お子様が勉強机として使ってもいいですね。
今はご主人の趣味である、川釣りでゲットした素晴らしく大きなイワナのはく製が飾ってあります。

建道のこだわり:使う頻度に合わせて場所をチョイス…たっぷり収納スペース

玄関にあるシュークローク、壁に取り付けられたクローゼット、パントリー、ワークスペース&和スペース奥にある、広々としたウォークイン収納スペースなど、スペースを無駄にしない造作収納がいっぱいです。
荷物の用途や使う頻度に合わせて、食材や日用品の買い置きはパントリー、あまり使用しない季節ごとのアイテムはウォークイン収納スペースなど、場所を工夫して、出しやすく片付けやすい収納となっています。
テレビ台などご夫妻のご要望で取り付けた造作収納も、気に入っていただけました。

From the contractorFrom the contractor

「過去」の不便を参考に、「今」二人の時間を大切に過ごせる空間を、「将来」を見越して建てた、理想の“我が家”

家を建てるご相談から設計、建築、お引き渡しまで、S様ご夫妻からは、あまり「こうしてほしい」というご要望がありませんでした。
「本当にご希望通りに建てられたのかな」とわたくしどもが不安になることもありました。
しかし後からうかがうと、建道のモデルハウスを見て、体感して間取りや細かな造作なども大変気に入ってくださったとのことでした。
またまだお若いにも関わらず、ご夫妻でよく話し合い、将来を見据えて建道の平屋を選んでくださいました。ありがたい思いでいっぱいです。
ご夫妻がこの家でどんな時間を積み上げていかれるのか、楽しみにしているお宅です。

ページトップへ